zeissフォクトレンダー会社情報アクセス採用情報お問い合わせフォクトレンダー英語ページグローバルサイト
 
 


コシナは最高品質の光学製品を通じて真の価値を創造し、お客様と共に成長を続け、
社会の発展に貢献していく偉大なる中小企業を目指します。   




コシナはカメラ・レンズなど光学精密機器を一貫生産する企業として美しい北信州の環境保全活動を推進しつつ、地球にやさしい企業として積極的に環境問題に取り組むことを企業の社会的責任として推進する。

1. 環境に関連する法規・協定を順守するとともに、可能な場合は自主基準を設定し、維持改善に取り組む。
2. 全社員(コシナに関係する人々を含む)で環境保全活動の継続的改善を推進するために、環境目的・環境目標を定め、必要に応じて見直しを行う。
3. 環境汚染の予防および廃棄物の削減と、リサイクル・省資源・省エネルギー活動を推進する。
4. 地域社会の一員として、周辺地域との環境調和を図るとともに、地域の環境保全活動に積極的に参加・協力する。
5. 環境教育、社内広報活動等を通じて、事業所内の全社員(コシナに関係する人々を含む)へ環境方針を周知徹底するとともに、環境に関する意識の向上に努める。
6.環境負荷物質の低減により、地球環境の向上に努める。
7.この環境方針は社内外に公表する。
   


1. お客様第一主義に徹し、顧客ニーズを的確に理解・把握し、高品質商品の供給を通し、常にお客様に最高の満足を提供する。
2.全員参加の品質改善活動を推進し、確実なモノ作りに繋がる品質保証体制を確立し、且つ効率化を図り、製品品質の向上と継続的安定を実現する。
3. 法規制の順守、職場環境等環境整備の徹底を図り、徹底的にムダを排除し、ロスの無いモノ作りを実現する。



次世代育成支援への取組

少子高齢化の下、少子化が急速に進行し、我が国の経済社会に深刻な影響を与えることが懸念されています。そんな中、社員が仕事と子育てを両立しながら、その能力を十分に発揮できるような雇用環境の整備が求められています。
当社におきましても、今までと同様、環境づくりのために、次のような行動計画を策定し取り組んでまいります。

【行動計画】
1.計画期間  平成22年4月1日〜平成27年3月31日
2.内  容
    目標1 小学生未満の子を持つ社員を対象に短時間勤務を導入する。

    目標2 子供の出生時に父親が特別休暇を取得できる休暇制度を導入する。

    目標3 所定外労働を削減するために祝日の出勤日をノー残業デーに制定する。

【行動計画の取組状況】
1. 平成17年4月1日から導入し、小学生未満の子供を持つ社員が利用できるよう短時間勤務制度の周知を図った。
2. 平成17年4月1日から父親の特別育児休暇(2有給日付与)を採り入れ、男子7名が取得した。
3. 平成17年4月1日からノー残業デーを採用し、趣旨が理解され多くの各職場が実施している。