zeissフォクトレンダー会社情報アクセス採用情報お問い合わせフォクトレンダー英語ページグローバルサイト
 
事業内容沿革CSR
 
  topic

私たちの生活の隅々まで行き渡っている各種の光学デバイスは、市場に投入される製品のコモディティ化が進み、メーカーごとの個性を失いつつあります。すなわちミドルレンジやローエンドの製品であれば、ユーザーにとっての選択基準は販売価格の違いしかないのです。コシナが生産する光学デバイスは、これらの範疇に分類されない「ハイエンド製品群」です。妥協のない設計思想と熟達したモノづくりのスキルを結集し、最高の品質で特別な層のお客様に100%の満足を提供すること。それがコシナの経営戦略の核心です。

 
   
 

高精度の光学性能を求められる様々な製品に、コシナのハイエンド光学デバイスが活かされています。原材料の開発、製品の企画・設計から生産まで、最高品質のモノづくりを国内一気通貫で完結。お客様の用途に応じた設計の自由度、ロット数、納期を実現できる設備と技術の蓄積がコシナにはあります。

   
     

   

ハイエンド光学デバイス製造において、硝材は重要な地位を占めるマテリアルです。その数は屈折率とアッベ数などの光学特性により様々な種類に分類されています。小布施ファクトリーが取り扱うのは100種以上。設計方針にマッチする最適の硝材を提案し、通常の規格内では対応できないシビアな要求にも応えられる光学素材のエキスパートとして、学術的な研究から生産技術まで幅広く取り組んでいます。豊富な知識と経験でレンズ原型を作り出すまでの工程が小布施ファクトリーでの主な業務です。選定された光学ガラスは設定された質量に切断してから高温で熱せられ、レンズやプリズムなど目的の形状をした金型に投入されプレス成形されます。検査工程で合格となったプレス品は、精密アニールと呼ばれる長時間の熱処理加工でプレスにより生じた歪みを除去し、規定の屈折率を持ったレンズの硝材となるのです。

 
     
   

20世紀の初頭にドイツで確立した、レンズ加工技術。1959年、日本におけるレンズ研磨のパイオニアとしてコシナの事業はスタートしました。創業当時から高い評価を得ている、熟練者の手により世に送り出されてきた精度の高い国産レンズ。自動研磨システムに置き換わった現在も、その伝統を受け継いでいるのが飯山ファクトリーです。レンズ研磨の工程は、設備投資さえすれば完了する装置産業ではなく、作業者の能力が問われる現場です。光学機器の高精細化に対応する新種の光学ガラスの扱いはデリケートなもの。硝材の硬度や組成を見極め、適切なパッドや研磨剤を選択すること。球面精度を保つだけでなく、美しい外観のレンズに磨き上げること。サブミクロンオーダーで検品される究極の加工精度は、「現代の匠」と呼ぶべき熟練した技術者集団により支えられているのです。

 
     
   

プリズムやミラーおよびレンズのマルチコーティング加工は、進化しつづける映像機器に必要不可欠な技術であり近年コシナが最も力を注いできた分野です。高解像度の液晶プロジェクターや3CCD方式のビデオカメラに使用されるコアデバイスとして、映像機器メーカーから絶大な信頼を得ているダイクロイックミラー・プリズムを始めとする超高精度な光学部品の数々。その生産拠点が七瀬ファクトリーです。コーティング設計から評価測定、真空蒸着装置のソフト改善など多くのプロセスを一貫して手がけ、他社に真似できない生産技術力を有します。レンズコーティングの分野に関しても独自のノウハウを蓄積。カール ツァイス社へ提供するレンズは、全て[T*コーティング]の認証試験に合格しています。七瀬ファクトリーではMTF測定も実施し、万全の品質管理で臨んでいます。

 
     
   

レンズと共に、ハイエンド光学デバイスを製作するのに欠かせない要素、それが機構部品です。コシナでは小さなリングから複雑な形状のカム筒まで、あらゆる部品を厳しい基準で製造しています。一品一仕様の特殊機器であっても、ロット数の多い量産品であっても共通項は高精度であること。機構部品の内製化は、社内外の需要にフレキシブルな対応が可能であるだけでなく、高品位な製品を提供するために重要な役割を果たしています。厳密な品質管理による機構部品の生産だけでなく、彫刻・シルク印刷やメッキなど製品の完成に必要な全ての技術と装置を完備。メッキ工程では最新設備を導入し、環境への配慮にも積極的に取り組んでいます。光学ガラスから一貫生産された高精度レンズは中野ファクトリーに集結して機構部品と組み上げられ、ハイエンド光学デバイスが完成するのです。