nav-1nav-会社nav-アクセスnav-採用navi問い合わせフォクトレンダーページグローバルサイトリンクページ


潟Rシナは、フォクトレンダーブランドから新たにフルサイズEマウント専用設計のレンズを発売します。Eマウントレンズシリーズは、マウントアダプターを介さずにソニーEマウントに直結することのできるレンズ群で、フルサイズのイメージサークルをカバーするとともに光学系はデジタル撮像素子の仕様に最適化されています。マニュアルフォーカス・マニュアル絞り専用設計ですが、電子接点を搭載しており撮影データのExif情報にレンズの使用状況が反映されます。また、距離エンコーダーも内蔵しているので、シフトブレ補正に被写体までの距離情報を使用する5軸ボディ内手ブレ補正機能を搭載した機種にも対応。フォーカスリングの操作によるファインダーの拡大表示なども可能です。絞りリングは1/3ストップのクリック付き。動画撮影時にはクリックなしに設定できる絞り切り替え機構を搭載しています。
フォクトレンダーの銘玉HELIAR(ヘリアー)の名を冠した2本のEマウント超広角レンズは、いずれも直線を直線として描写しながら極めて広い範囲を写し込むことが可能です。歪曲収差(ディストーション)を極限まで排除した精緻な描画性能が、超広角写真の新境地を切り開きます。
なお、同シリーズのラインナップを拡充する新製品、ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 ASPHERICAL III E-mountも計画中です。(2016年8月発売予定)

主な特長:
■電子接点搭載のフルサイズソニーEマウント対応 ■非球面レンズ採用による歪曲収差の徹底排除 ■デジタル撮像素子に最適化された光学設計 ■高い剛性感と耐久性の、総金属製鏡筒 ■確実なピント合わせが可能なマニュアルフォーカス ■強烈な遠近感を生かしきる最短撮影距離30cm ■動画対応、絞りクリック切り替え機構を搭載


HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 ASPHERICAL E-mountは、歪曲収差を極限まで補正した超広角レンズで、デジタル撮像素子に最適化された光学設計を採用しています。魚眼レンズではなく直線を直線として写し取る35ミリ判のレンズとして、世界で最も広い※画角130°(対角線)を持ち、新たな写真・映像表現への可能性を広げます。

※2016年2月6日時点 当社調べ

 

SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPHERICAL III E-mountは、画角が110°(対角線)の超広角ながら極めて歪曲が少なく、周辺までシャープな画像が得られるレンズです。デジタル撮像素子の構造に起因する画像周辺部の色被りの発生を防ぐべく、入射光線角度を最適化した光学設計を採用しています。

仕様:
焦点距離: 10mm
口径比: 1:5.6
最小絞り: F22
レンズ構成: 10群13枚
画角: 130°
絞り羽根枚数: 10枚
最短撮影距離: 0.3m
最大径×全長: φ67.4×68.5mm
フィルターサイズ: 装着不可
重量: 375g
レンズフード: レンズ一体式
絞りリング: 装備(マニュアル絞り)
電子接点 あり
 フォーカス拡大機能: 対応
 Exif情報: 対応
 レンズ補正選択 可能
 5軸ボディー内手ブレ 対応
  (5軸対応ボディーに限る)
その他: 絞り切り替え機構付

 

仕様:
焦点距離: 15mm
口径比: 1:4.5
最小絞り: F22
レンズ構成: 9群11枚
画角: 110°
絞り羽根枚数: 10枚
最短撮影距離: 0.3m
最大径×全長: φ66.4×62.3mm
フィルターサイズ: φ58mm
重量: 298g
レンズフード:レンズ一体式
絞りリング: 装備(マニュアル絞り)
電子接点 あり
 フォーカス拡大機能: 対応
 Exif情報: 対応
 レンズ補正選択 可能
 5軸ボディー内手ブレ 対応
  (5軸対応ボディーに限る)
その他: 絞り切り替え機構付

     

希望小売価格(税別):
HELIAR-HYPER WIDE
10mm F5.6 Aspherical E-mount
¥155,000
2016年5月発売予定


 

希望小売価格(税別):
SUPER WIDE-HELIAR
15mm F4.5 AsphericaIIIl E-mount
¥115,000
2016年4月27日発売