k-01k-02k03k04k05
koda-bun
k-25
 

k025

 上の写真は、レンジファインダー式カメラの外付けファインダーと、その中身が見えるようにカバーを取り外したものです。何枚ものレンズと撮影フレームを映し出すマスクなどが整然と並んでいるのが判ります。そして、被写体側の第一面にある凹レンズが、外付けファインダーの意匠に応じて直線的にカットされているのが見えます。この加工は、どのような方法によってなされているのでしょう?

025-1p

 レンズを切るには、高速で回転するダイヤモンドカッターを用います。その刃が入っていく位置を厳密にセッティングすることが、この工程において最も重要な部分です。レンズはガラス定磐の規定位置に置かれますが、確実に固定しないと刃が触れた瞬間にレンズは吹き飛んでしまうため、しっかりと接着する必要があります。手際よく、厳密に、熟練の手仕事でセッティングは進められます。並外れた集中力が要求されるこの作業にたずさわっているのは、特に優秀な能力とセンスに恵まれた作業者です。

025-2p

 ダイヤモンドカッターでの切断中に表面に傷がつかないようにレンズには青い保護材が塗布されています。この保護材と、レンズを定磐に固定していた接着剤を剥離すべく、加工の完了した後にガラス定磐ごと溶剤に浸します。

025-3p
025-4p

 すっぱりと直線で切り取られたレンズが生まれました。このあとレンズ端面には反射防止の塗料が塗られてから外付けファインダーへと組み込まれます。通常の光学レンズは丸い形のままで使用する場合が大半ですが、ファインダーに使用するレンズや、プリズムなどの光学部品には機構設計の仕様にあわせたカットが不可欠になります。それぞれの仕様に応じ、厳格な光学的特性と美観の双方を満たすべく、ハイエンド光学デバイスのカットにかかわるセッティングのすべては手作業で行われています。人の手でレンズやプリズムを取り扱うことで仕上がり精度が向上するだけでなく、光学製品に魂が込められていく。そんな思いで私たちコシナは製品づくりに取り組んでいるのです。

 

  copy