k-01k-02k03k04k05
koda-bun
history-1
 

コシナが創業して間もない1960年代の初頭は、日本国内におけるカメラ需要の成長期でした。1965年の統計では世帯普及率50%。四季折々のイベントや日常の記録にカメラは欠かせぬアイテムとして普及していきました。

 カメラの世帯普及率は増加を続け1968年に60%、1970年代の初頭には70%に達するほど日本の国内市場は成熟していきます。この数字を支えていたのが、取り扱いが容易で求めやすい価格のコンパクトタイプのカメラです。レンズ加工工場としてスタートしたコシナが初めて手がけたカメラも、126タイプと呼ばれるカセットフィルムを使用するものでした。

国内需要の増進と共に、1970年代に日本のカメラ産業における輸出比率は大きな展開を見せることになります。それに先駆け1969年に、オランダ・アムステルダムにコシナ・オブ・ヨーロッパを設立。欧州におけるマーケティングの拠点が築かれます。この頃から、海外有名ブランドのOEM生産も始まります。

 家族の姿や旅先の風景をカメラに収めることが、豊かな生活と同義に捉えられていた時代。コシナのものづくりは、カメラをはじめとする光学機器の生み出す楽しさを、できるだけ広く身近に提供することに主眼が置かれていたのです。

  photo  
  nzvi  
 

copy