zeissフォクトレンダー会社情報アクセス採用情報お問い合わせフォクトレンダー英語ページグローバルサイト


   
         
   

千葉工業大学惑星探査研究センター、メテオプロジェクトとは、国際宇宙ステーションから超高感度カラーハイビジョンカメラを長期間流星を観測し、流星の発光強度や流星が放つ色スペクトルを解析することで、流星の塵の大きさや、流星及び流星の母天体の成分特定をするという、世界初のプロジェクトです。この流星のスペクトルを観測するため用いられたのは、改造を加えられたNOKTON 10.5mm F0.95が使用されました。

2016年3月23日 アトラスVロケットにより国際宇宙ステーションへ飛び立ち、同年7月7日から観測を開始しました。

現在の活動状況及び、プロジェクト詳細は千葉工業大学METEOR(メテオ)プロジェクトのホームページをご確認ください。

*千葉工業大学メテオプロジェクトホームページ