zeissフォクトレンダー会社情報アクセス採用情報お問い合わせフォクトレンダー英語ページグローバルサイト
SLR
         
10.5 17.5 25 25-2 42.5

ノクトン42.5mm F0.95は、マイクロフォーサーズ専用として設計された中望遠レンズです。35mm判換算で85mm相当のポートレイトに人気の画角において、開放F値は0.95と驚異的な明るさを実現。シリーズ中で最も長い焦点距離を持つことから、大きなボケ効果が得られます。

主な特長 :
● 驚愕の大口径
開放F値0.95の大口径により、極端に光量の少ない条件でも「あるがままの光」だけで撮影することが可能です。また、絞り開放時の浅いピントと美しいボケを活かした撮影にも最適のレンズです。

● 究極のレンズ設計
最新の光学理論を用いた設計による8群11枚のレンズ構成。超高屈折ガラスを惜しみなく投入することで描写性能を追求。絞り開放でも画面の周辺部まで充分な光量も確保されています。

● 最短撮影距離23cm
カメラの撮像素子から23cmの距離まで近づいて撮影することが可能。撮影倍率1:4となり、超大口径マクロレンズ的なキャラクターを活かした撮影も楽しめます。

● 多彩な表現力
絞り開放では、素直でなだらかなボケがピントを合わせたモチーフを際立たせると共に、立体感を生み出します。絞り込めば非常にシャープな描写となり、1本のレンズで多彩な写真表現が可能です。

● 絞りクリック切換え機構
新設計の絞り切り替え機構により、クリック音を発生させず絞りリングを無段階で開閉させることが可能です。このことから、動画収録時に絞りリングの操作音を拾ってしまう心配が無くなると共に、絞りリングの微調整によるシビアな深度コントロールも可能になります。

● リバース収納が可能なレンズフード
携行時のコンパクトさと遮光効果を両立させた、リバース収納が可能なレンズフードを標準装備。

● マイクロフォーサーズ専用マウント
マイクロフォーサーズ規格に準拠し、光学および機構を専用設計。撮像素子のイメージサイズをカバーすると共に、マイクロフォーサーズのセンサーに最適化することで高画質を実現しています。

● 確実なピント操作が可能なマニュアルフォーカス
高い精度で加工・調整された総金属製ヘリコイドユニットと、適度なトルクを生み出す高品質グリースの採用により、滑らかな操作感覚のフォーカシングを実現。微妙なピント調整を可能にしています。

 

レンズ構成図 :
主な仕様:

焦点距離

42.5mm

口径比

1 : 0.95

最小絞り

F16

レンズ構成

8群11枚

画角

30.5°

絞り羽根枚数

10 枚

最短撮影距離

0.23m

最大撮影倍率

1:4.0

最大径×全長

φ64.3×74.6mm

フィルターサイズ

φ58mm

重量

571g

レンズフード

付属(リバース可能)

その他:

絞り切り替え機構付

希望小売価格(税別) : ¥118,000 JAN 4530076 232037