COSINA

NOKTON 50mm F1.2 Aspherical SE

大きなボケと、良好なハンドリング

特長

スチル撮影に特化する設計思想により、コンパクトなサイズと大口径を両立。2枚の両面非球面レンズを採用することで絞り開放から安心して使える性能を持ち、SEシリーズ内で最も大きなボケ量が得られます。大口径ながらコンパクトなスタイルはボディとのバランスに優れ、良好なハンドリングを提供します。

主な特長

ソニーEマウント対応

電子接点搭載で、撮影データのExif情報にレンズの使用状況が反映されます。また、距離エンコーダーを内蔵しているのでカメラボディ側の5軸手ブレ補正に対応。フォーカスリングの操作によるファインダーの拡大表示なども可能です。

シンプルでコンパクトなスタイル

スチル写真での撮影に特化し、本格的な動画撮影において有効な絞りクリック切り替え機構をあえて搭載しないことで、大口径ながらコンパクトな設計を実現。ヘリコイドリング外周には、シンプルで精密感のある平行ローレット加工を採用しています。

12枚の絞り羽根による美しいボケ味

絞り羽根が形づくる孔を円形に近づけるため、12枚構成の絞りを採用。アウトフォーカス部が自然な描写で、点光源なども多角形ではなく丸くやわらかなボケとなります。

最適化された光学設計

フルサイズのイメージサークルを確保すると共に、ソニー Eマウントセンサーに最適化された光学設計を採用。画面周辺部まで高い解像を保ち、色被りなどの現象も抑制されています。

卓越した光学性能、4面に非球面を採用

8枚構成のレンズのうち2枚のレンズ両面を非球面にすることで、高水準の画質と大口径の両立を実現しています。

確実なピント操作が可能なマニュアルフォーカス

高い精度で加工・調整された総金属製ヘリコイドユニットと、適度なトルクを生み出す高品質グリースの採用により、滑らかな操作感覚のフォーカシングを実現。微妙なピント調整を可能にしています。

仕様

レンズ構成図

焦点距離
50mm
口径比
1 : 1.2
最小絞り
F22
レンズ構成
6群8枚
画角
47.5°
絞り羽根枚数
12 枚
最短撮影距離
0.45m
最大撮影倍率
1 : 7.0
最大径×全長
φ66.5×58.5mm
フィルターサイズ
φ58mm
重量
383g
レンズフード
付属
電子接点
あり
フォーカス拡大機能
対応
Exif情報
対応
レンズ補正選択
可能
5軸ボディー内手ブレ
対応(5軸対応ボディーに限る)

価格・JANコード

希望小売価格(税別)
¥115,000
JANコード
JAN 4530076 233157
発売日
2020年7月23日発売

作例

  • NOKTON 50mm F1.2 Aspherical SE PHOTO BY 竹原亮
  • NOKTON 50mm F1.2 Aspherical SE PHOTO BY 竹原亮
  • NOKTON 50mm F1.2 Aspherical SE PHOTO BY 竹原亮
  • NOKTON 50mm F1.2 Aspherical SE PHOTO BY 竹原亮
  • NOKTON 50mm F1.2 Aspherical SE PHOTO BY 竹原亮
Voigtländer NOKTON 50mm F1.2 Aspherical SE PHOTO BY 竹原亮
Voigtländer NOKTON 50mm F1.2 Aspherical SE PHOTO BY 竹原亮
Voigtländer NOKTON 50mm F1.2 Aspherical SE PHOTO BY 竹原亮
Voigtländer NOKTON 50mm F1.2 Aspherical SE PHOTO BY 竹原亮
Voigtländer NOKTON 50mm F1.2 Aspherical SE PHOTO BY 竹原亮
PHOTO_01
PHOTO_02
PHOTO_03
PHOTO_04
PHOTO_05
NOKTON 50mm F1.2 Aspherical SE - 株式会社コシナ