COSINA

APO-SKOPAR 90mm F2.8 SL IIs

高性能とコンパクトさを両立させた中望遠

特長

新設計の光学系は7群7枚のうち5枚に異常部分分散ガラスを使用。軸上色収差を限りなくゼロに近づけるアポクロマート設計による高画質に加え、レンズ全体を繰り出すシンプルな構造により、全長約40mm(マウント面より)のコンパクトさを実現。本体重量は260gと軽量で、そのサイズ感と重量は標準レンズのULTRON 40mm F2 Aspherical SLⅡsとほぼ同等で可搬性に優れています。

主な特長

アポクロマート設計

光の3原色を構成するRGBの軸上色収差を限りなくゼロに近づけるアポクロマート設計を採用しています。

高性能&コンパクト

新設計の光学系は7群7枚のうち5枚に異常部分分散ガラスを採用。高性能でありながらレンズ全長は40mm(マウント面より)のコンパクトさを実現しています。

懐かしさと機能性を備えたデザイン

フォーカスリングおよび絞りリングは総金属製で、大きく削り込まれた指がかりと、精密な切削加工が施されたローレットパターンは、懐かしく美しいだけでなく、マニュアル操作感を向上させる機能性を兼ね備えています。

確実なピント操作が可能なマニュアルフォーカス

高い精度で加工・調整された総金属製ヘリコイドユニットと、適度なトルクを生み出す高品質グリースの採用により、滑らかな操作感覚のフォーカシングを実現。微妙なピント調整を可能にしています。

選べる外観のバリエーション

昭和40年代(1965~1974年)の一眼レフ交換レンズへのオマージュとして、コレクターの中では先白(さきじろ)の愛称で親しまれているシルバーリムと、先黒(さきぐろ)と呼ばれるブラックリムの2種類を用意しています。

多種多様なボディで撮影可能

マウントはCPU内蔵ニコンAi-S互換でCPU内蔵に加え、Aiカプラーも搭載しています。このことから、往年のフィルム一眼レフから最新のデジタル一眼レフまで、幅広いバリエーションのボディを使うことが可能です。

仕様

レンズ構成図

焦点距離
90mm
口径比
1:2.8
最小絞り
F22
レンズ構成
7群7枚
絞り羽根枚数
9枚
画角
27.5
最短撮影距離
0.9m
最大撮影倍率
1:8.1
最大径 x 全長
φ66.3 x 41.0mm
フィルターサイズ
φ52mm
マウント種類
Ai-S(CPU内蔵)
重量
260g
レンズフード
LH-90 IIS (別売)
カラー
シルバーリム/ブラックリム

価格・JANコード

希望小売価格(税別)
¥68,000税別 (シルバーリム)
¥68,000税別 (ブラックリム)
JANコード
JAN 4530076231672 (シルバーリム)
JAN 4530076231689 (ブラックリム)
発売日
2021年11月30日発売 (シルバーリム)
2021年11月30日発売 (ブラックリム)

アクセサリー

  • LH-90IIS(別売)
    ¥5,000(2021年11月30日発売)
    JAN 4530076622432

作例

  • APO-SKOPAR 90mm F2.8 SL IIs PHOTO BY 小池 隆
  • APO-SKOPAR 90mm F2.8 SL IIs PHOTO BY 小池 隆
  • APO-SKOPAR 90mm F2.8 SL IIs PHOTO BY 小池 隆
  • APO-SKOPAR 90mm F2.8 SL IIs PHOTO BY 小池 隆
  • APO-SKOPAR 90mm F2.8 SL IIs PHOTO BY 小池 隆
Voigtländer APO-SKOPAR 90mm F2.8 SL IIs PHOTO BY 小池 隆
Voigtländer APO-SKOPAR 90mm F2.8 SL IIs PHOTO BY 小池 隆
Voigtländer APO-SKOPAR 90mm F2.8 SL IIs PHOTO BY 小池 隆
Voigtländer APO-SKOPAR 90mm F2.8 SL IIs PHOTO BY 小池 隆
Voigtländer APO-SKOPAR 90mm F2.8 SL IIs PHOTO BY 小池 隆
PHOTO_01
PHOTO_02
PHOTO_03
PHOTO_04
PHOTO_05
APO-SKOPAR 90mm F2.8 SL IIs - 株式会社コシナ