COSINA

SHARE

まかない治具を作り、使う

  • コシナこだわりの理由

 光学レンズの組み立てに使われている、レンズハッカーという治具をご存知でしょうか?鏡筒に収めたレンズを固定する、スリ割りの付いたレンズ押さえを締め付けたり緩めたりするための専用ツールです。レンズ押さえのスリ割り2ヶ所にピッタリとフィットし、リング外周の鏡筒部分と干渉しない形状にすることで、効率よく美しくレンズを組み上げることが可能になります。締め付けリングの直径や、ねじ込んでいく鏡筒内部の寸法や形状は実にさまざまです。ゆえに汎用品を採用することはできません。一種類のハイエンド光学レンズを組み上げるのに、何種類ものカスタムメイドされたレンズハッカーが用意されます。

旋盤とフライス盤を駆使して、ワンオフ製作
旋盤とフライス盤を駆使して、ワンオフ製作

 レンズハッカーに用いられる素材には、リングよりも強い鋼材が選ばれます。一枚の図面をもとに無垢の棒材を旋盤で加工し、まずは指定の寸法どおりに円筒の形状に仕上げます。そのあとフライス盤で、スリ割りの溝に入る凸部分を削り出して形づくります。レンズ組み立て作業者のことを考えてキレイに面取りし、あとは製品用の部品を手がけている合間をぬってメッキをかければ完成です。こうして新設計のレンズが生産現場に登場するたびに、何種類もの治具が腕に自信のあるベテランによって手際よく製作されていきます。

さまざまな形状のレンズハッカー
さまざまな形状のレンズハッカー

 飲食業でお客様に出すのではなく、スタッフ向けに作る食事を「まかない」と呼びますが、いわば「まかない治具」の完成です。昨今では一流店の「まかない」には、味の真髄が隠されていると考えられているようです。常連客の裏メニューとして愛好され、噂が噂を呼んで遂には看板メニューとして採用されることもあるそうです。私たちの「まかない治具」も、こだわりの真髄が込められています。とはいえ、残念ながらお客様にお出しすることはできません。レンズを分解する必要がある場合には、私たちが専用の治具で責任を持って対処させていただきますのでご了承ください。

まかない治具を作り、使う - 株式会社コシナ